【京都・祗園 初個展のお知らせです】

17日18時からのレセプションも是非是非起こしください^ ^

———————————————————————————-

Kisui Nakazawa Exhibition -ねねね-

会期

2018/3/17~3/26 15:00~24:00 (火曜定休)

作家在廊日

3/17・18・21・25日 16時〜20時

会場

y-gion

京都市東山区弁財天町19-4階

Kisui Nakazawa Exhibition -ねねね –

Reception Party

3/17 (sat) 18:00~ -ねねね-ナイト開催!!

Food supplide すずね

Drink supplide Sour

music supplide DJ MARKWEST

ソリレス、Sour、サワーガーデンを手掛ける、鈴木弘二、祇園すずね女将、鈴木一美、親子の一夜限りの食の共演!!!!

音楽には大阪からDJ MARKWESTを召喚!!!!

———————————————————————————-

毎日、古典を臨書して線を練る事で書も画も研ぎ澄ましていく「練るの、ね」。

制作において書も画も根っこは同じである事から 「根っこの、ね」 。

モノクロームの作品から音が聞こえるようなものを創りたい 「音色の、ね」。

抽象画と書道との境界線、共に墨と和紙ということもありますが、どちらも線質と間の取り方で、意味のある文字なのか、意味の無い抽象なのかわかれますが、根っこにあるものが同じである。

書には言葉の力があるし、抽象には無限に創造ができる力がある。

同じくらいのパワーがあるのと、あとは抽象になっても根っこには書道がある、文字を書いた読める書と、文字は書いてないけど書の要素は感じられるもの両方を見る方に楽しんでいただき、根っこにあるものが同じである事を感じてもらえたらと思っています。

あとは、書も画も和紙のもつやわらかさと墨色の多彩さも楽しんで欲しいです。

書家・画家 中澤希水

1978年1月生 静岡県浜松市出身

東京・京都在住

大東文化大学文学部中国文学科卒業

希水會主宰

師・成瀬映山

2014年書道界の芥川賞といわれる第9回手島右卿賞受賞

2016年 故郷 浜松市親善大使「やらまいか大使」就任

書道家の両親の元に生まれ書を始める。 『気韻生動』『Less is more』の精神を念頭に書作品、抽象画を制作。 様々なロゴや題字も手掛ける。

https://www.facebook.com/brosh.jp/videos/31870204531

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ