image

image

不易流行

image

以心伝心

東京都美術館での書の予兆展が昨日無事に終わりました。会期中お越し頂いた皆様ありがとうございました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

今回は写真で見るとほぼ白く、判読出来ないほど削ぎ落とした作品となりましたが、書の概念にとらわれず、自分が書きたい文字を心の底から落ち着く線とバランスと表装でおさめた今の自分の正直な形です。

墨象(前衛書道)というくくりのグループ展でしたが、筆で文字を書き書体も崩さないという制約を敢えて自身に設け、その制約の中で視覚的に抽象化することを試み、前衛的な要素と言葉の意味も大切にする本来の書の要素を同時に内包させた作品の展示となりました。

書をベースに様々な形で邁進してる同世代との新たな横の繋がりも出来、沢山の刺激を頂き、今の立ち位置やこれからやるべき事を再確認出来た充実と感謝の一週間でした。

一段落も束の間、今日は半日だけ腑抜けたら今度は1月10日からの東日本橋での個展に向けての準備に気持ちを切り替えて参ります。

日毎に寒さが増してきましたが皆様風邪など召されぬようお過ごしください。

希水

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ