作品展

書研展より

会場クリエート浜松↓

拙作

【草木国土悉皆成仏】(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)

『涅槃経』で説かれる言葉。草木や国土のような非情なものも,仏性を具有して成仏するという意。

第28回 書研展

書研展が7日までクリエート浜松で開催されています。 

私も新作の掛軸作品一点出品しております。

今年で28年目、今年は学生展併催もあり総点数1300点となります。

私は7日日曜の12時〜13時頃会場に行きます。

浜松近郊の方お時間あれば是非足をお運びください。

ART FAIR TOKYO

国際フォーラムで開催されたアートフェア東京を見に行きました。

・やりたいこと

・やらなければいけないこと

・けずりたいこと

・けずらなければいけないこと

が少し見えました

あとは行動に移すのみ

展示後記

昨日12月8日、銀座三越さんでの展示が無事に終わりました。

期間中お越し頂いた皆様、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

高村光太郎の言葉に「重いものをみんなすてると、風のように歩けそうです。」という言葉がありますが、風のように歩きたくてもがいていた事もそれはまた重いものでした。風のように歩くとは何なのか、重いものをすてるとは何なのかが今年の下半期で少し掴めた気がしていましたが、今回の展示中の出会いの中でそれがまた一歩確証に近づきました。目に見えぬものを大切にする為、目に見えるものをより大切にしながら邁進します。

希水 

 

“和ヲ服スル”ススメ展

明日18日から12月8日迄銀座三越7階での展示が始まります。お声掛け頂いた監修・木下着物研究所の木下さんに心より感謝申し上げます。

期間中ずっと私の作品も展示されておりますが、12月2日〜8日は私の拡大展開期間の為全作品が出揃い、6日(日)14時からはトークセッションも行わせて頂きます。

12月3日 14時〜17時・12月5日 14時〜17時・12月6日 13時〜17時 は在廊しております。

銀座界隈にお越しの際は是非お立ち寄り下さい(^^)

中澤希水

_______________________________________________
⇩以下木下着物研究所さんのblogより引用

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことをも意味しました。世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。

期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション

期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火)
午前10時30分~午後8時

監修:木下着物研究所

参加作家・ブランド

matohu(布物)   ※11/18〜24

二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1

中澤希水(書)   ※12/2〜8

Sゝゝ(金工等)

蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】

ファッション、陶芸、書の世界で活躍される方々から監修の木下勝博が「服スル」をテーマにお話を伺います。

(1)十一月二十一日(土)十四時〜

「これからの和ノ服」 matohu デザイナー 堀畑裕之氏、関口真希子氏

※終了後にmatohuの茶箱を使用したお呈茶も予定しています。
(2)十一月二十九日(日)十四時〜

「器を服スル」 陶芸家 二階堂明弘氏
(3)十二月六日(日)十四時〜

「書を服スル」 書家 中澤希水氏

※詳細はWebをご覧下さい。

http://kinoshitakimono.com/

https://www.facebook.com/events/1763402180553723/

【お呈茶】

和ヲ服スル茶会/武者小路千家 傳田京子氏

11/22(日)、11/28(土) 各14:00〜、14:45〜、15:30〜

定員:各回3名ずつ

参加費:1500円(税別)

気軽な立礼式でお茶を楽しんで頂きます。

※お申込は銀座三越7階ジャパンエディション(03-3535-1804(サロン ド きもの直通))まで直接お申し込み下さい。

※11/18-11/24は隣接の「サロンドきもの」では、リアルクローズの着物ブランド「awai」が期間限定出店致します。

  

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ