希水blog -DVC00590.jpg

四大巖茶の一つ、『鉄羅漢』をまたまた鑑定杯を用いて頂きました。
清代に名声が天下に広まり、体を芯から暖める力をもつこのお茶は、優しい甘みの中に漢方薬の様な強さを感じ、肩の力を抜いてくれます。
時間と労力を使って努力を惜しまず、手間暇をかけてお茶の味を最大限に引き出すという行為は、生き方そのものにも似ている様で…
何事もこの心がけが、輝きを完全に発揮させるすべではないか…と思ってる矢先の…
ギックリ腰再発………
いよいよ、羅漢さんのように、心も体も鍛え直す必要を感じています(^^ゞ
希水

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ