image

image

image

根津美術館で明日迄開催中

『綺麗さび』と称される江戸初期の大名茶人小堀遠州の好みと、江戸後期の大名茶人松平不昧の眼を堪能出来、茶入茶碗茶杓は勿論、消息墨蹟香合も含め小規模ながら圧巻の展示でした。

以下、心が騒いだ品々

・後水尾天皇筆-消息

・景徳鎮窯-古染付叭々鳥香合

・高麗茶碗-雨漏茶碗 銘 簑虫

・瀬戸-凡手茶入 銘 撰屑

・良寛筆-天地二大字(小天地)

ありがとうございました。

希水

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ