image

昨夜のblogを見てくれた方から、『七転八倒』ではなく『七転八起』では?との声を頂いたので下記追記

七転八倒を使ったのは逆説的で、転がって倒れる位、現段階での己の手の内で収まらない領域に今年は手を付け、結果的には起き上がってくるスキルを身に付けたい!そんな意志から敢えて七転び八起きではなく今年は成長した先を見据えての七転八倒としました。

無限の選択肢の中から取捨選択を強いられる現代社会、流されて孤独や試練を恐れて枠の中に収まるのはやっぱり嫌なのです。

アウェイはチャンス(^-^)

希水

*写真は日本橋三越さんのディスプレイ、お近くにお越しの際は是非反対車線?歩道?から全景を。

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ