ロームシアター京都にて友人と共に森山未來君による『談ス』観劇してきました。

お能に対する狂言
コンテンポラリーダンスに対する談ス

そんな印象を受けました

『踊る』という身体表現の原始的な部分に迫りながらも伝え方はわかりやすく柔軟な発想を用い、一歩先を見据え、踊るとは何であるかを考え抜いて形にし、観る側も終始ココロオドル素晴らしい舞台でした。

  
 

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ