春画展@細見美術館

高尚な淫靡への入館行列は10分程で思いのほかゆっくり拝見出来ました。

流麗な描線、構図の美しさ、画に対する文字の配置や大きさ、発想の柔軟性等学ぶことの多い展示でした。

 

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ