image

日本橋高島屋で開催中の古谷蒼韻展を鑑賞してきました。

筆画と空間が織り成す交響美を堪能すると共に筆線の美を追い求めた求道者としての姿勢に強烈な刺激を受け、沢山の事を学ばせて頂きました。

88歳3月末の日記の中の言葉『懈怠は後生を汚す』は背筋が伸び、『意先筆後』の大切さを再認識できた素晴らしい展覧会でした。

明日まで開催してるのでお時間作って是非(^-^)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ