希水blog -chuuya.jpg

 
~月夜の浜辺~
 
 
 
 
月夜の晩に、ボタンが一つ
 
波打際に、落ちてゐた。
 
 
それを拾つて、役立てようと
 
 
僕は思つたわけでもないが
 
 
なぜだかそれを捨てるに忍ばず
 
 
僕はそれを、袂に入れた。
 
 
 
月夜の晩に、ボタンが一つ
 
波打際に、落ちてゐた。
 
 
それを拾つて、役立てようと
 
 
僕は思つたわけでもないが
 
月に向つてそれは抛れず(ほふれず)
 
 
浪に向つてそれは抛れず
 
 
僕はそれを、袂に入れた。
 
 
 
月夜の晩に、拾つたボタンは
 
 
指先に沁み、心に沁みた。
 
 
 
月夜の晩に、拾つたボタンは、
 
 
 
どうしてそれが、捨てられようか?
 
 
 
 
 
 
 
 
ー中原中也ー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日をまたいでしまいましたが、、、今日10月22日は敬愛する詩人中原中也の命日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
雲が薄くかかった寂しくも幻想的な今宵の月に、中也の想いを重ね、ふとこの詩を思い出したので一筆、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おや墨なさい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           希水希水blog -start.gif    

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ